他の人には聞けない!包茎の種類と治療の必要性

包茎にはどんな種類がある?

男性で多くの方がコンプレックスに感じている包茎は、症状に合わせて3つに分類出来るんですよ。最も多い症状が「仮性包茎」です。平常時は亀頭が包皮に包まれていますが、勃起時には自分で包皮を剥けるといった特徴があります。自分で亀頭を露出出来ないといった共通する特徴のあるのが「カントン包茎」と「真性包茎」です。包皮口が狭く無理に亀頭を露出させようとすると激しい痛みを感じるのがカントン包茎、亀頭と包皮が癒着していて勃起するだけでも痛みを感じるのが真性包茎という違いが挙げられます。

包茎は治療した方が良い?

日常生活であまり支障が出ないといった特徴のある包茎は、治療せず放置している方も多くいますよね。しかし、デメリットしかないといった点から治療して完治させる事が推奨されています。放置する主なデメリットとして「悪臭を放つ」事が挙げられます。包皮に覆われていて通気性が悪く恥垢が溜まったり、細菌が繁殖しやすい環境が揃っています。また、亀頭を露出した際に刺激に慣れていないので、早漏になり性行為に満足出来ない方も珍しくないんですよ。

包茎の治療法って?完治は出来る?

インターネットや雑誌の広告で自宅で出来る治療グッズを見かける機会も多いですが、ほとんどの商品が包茎を完治させれないので注意をする必要があります。一方、包茎の治療法として主流となっているのが「病院での手術」です。余っている包皮を切除して縫合するので確実に包茎を完治させる事が可能なんですよ。また、縫合部が亀頭の下部等の目立たない箇所となっていたり、仕上がりが自然となっているので他の人に見られても包茎治療をした事を知られる心配はありません。

包茎手術の効果にこだわるにあたり、優秀な医師が揃っているクリニックの最新の事例をチェックすることが大事です。